2011年1月 7日 (金)

図書貸し出し冊数

 11月の読書旬間が終わり、司書が夏休み~12月までの本の貸し出し数の集計を出しました。図書館の本を借りなくても読書をしている子もいますし、高学年になると厚い本を読みますので、貸し出し冊数が多いことが読書量が多いことにつながるわけではありません。ですが、図書館を利用して読書に親しんでくれる子の実態を把握する指標の1つとしています。

 さて、結果ですが月ごとでは、どの学年も9月の貸し出し数が多い傾向にあります。「秋の夜長に読書」と大人は思いますが、子どもたちにとっては気候のよい時期の方が様々な活動をも含め活発なのでしょうか。

 新潟市では一か月に3冊読みましょうと勧めていますが、当校はどの学年も大きく上回っています。

  

2010年12月17日 (金)

親子読書 その2

親子読書の感想を紹介します。

(低学年の保護者)

 毎日ではないが、寝る前の少しの時間に本を読む時間をつくることができました。もう少し多く一緒に読書をしたり読み聞かせができたりしたらいいなと思います。

 ゲームをする時間を減らし、読書の時間がとれるよう、声かけし一緒に進めていきたいです。

2010年12月15日 (水)

親子読書 その1

 読書旬間中に、親子で一緒に読書に親しみましょうという取組をしています。そのとき感想を寄せてくださった方の内容を紹介します。

(低学年の保護者)

 親子読書をする時は、読み聞かせの時も子どもが自分で読んだ後も、必ず感想を聞くようにしています。(中略)「このときの主人公はどう思ったのかな?」「なぜ、この子は泣いたのかな?」など具体的に聞くようにしています。

 子ども独特の思いとか、こちらが予想もしなかった感想を聞いたりしたときは、親の方が新鮮な思いをすることもあります。本の楽しさ、本を読むことの大切さを教え、読書の習慣がついてくれればと思っています。

2010年12月 7日 (火)

読書旬間・本の帯作成

Photo_2 読書旬間中に、一人が1冊好きな本を選び、その本の帯をつくりました。下学年には、難しいかなと思いましたが、なかなか上手に書いていました。

 高学年になると、本を手に取る人を意識して、文章にも工夫がみられました。手作りの帯付きの本は、このまま貸し出すことになっています。

2010年11月26日 (金)

読書旬間 本の帯づくり

Photo_11 11月22日から12月3日は、読書旬間です。全校のみんなに読書に親しんでもらうように、図書委員会や司書の先生が様々な取組をしています。

 図書室で6年生が「本の帯づくり」をしていました。それぞれがお気に入りの1冊を選び、手作りの帯を着けた本は、そのまま図書館で貸し出す予定です。

2010年11月17日 (水)

読書旬間

Photo_5 秋の読書旬間

    (11月22日~12月3日)

 司書の先生が、季節にあった図書の紹介をしています。

 図書館に入ってすぐのテーブルには

 「どんくりのいろいろ」

 「秋の野あそび」

 「森の工作図鑑」 など、思わず手にとってみたくなるような本がならべられています。

2010年9月15日 (水)

読書の秋

Photo_3

 いろいろな秋がありますが、読書に親しんでみませんか?ということで、司書の先生が図書館前の廊下に掲示をしてくださいました。

 図書館には、いろいろなジャンルの本があります。落ち着いて読書に取り組める時期になってきましたので、食べ物に関する本、スポーツに関する本など、普段は手に取らないような本にも挑戦してほしいと願っています。

2010年7月 8日 (木)

7月の図書館

Photo_3  7月は、七夕があります。子どもたちが興味を持って図書館に来て、読書に親しむよう、司書の先生がいろいろと工夫しています。

 今回は、七夕飾りの短冊に本の題を書いて、掲示板で紹介しました。テーブルには、星に関する本が並べられています。

 

2010年7月 1日 (木)

読書旬間

Photo 6月7日~18日は読書旬間でした。図書委員会が中心にさまざまなイベントを企画してくれました。この日は、昼休みに紙芝居の読み聞かせでした。「のっぺらぼう」「金の斧、銀の斧」など、委員会の人が選んでくれたお話を静かに聞きました。

2010年5月29日 (土)

お話の部屋

 毎週木曜日の昼休みは、お話の部屋です。図書館司書の先生が読み聞かせをしてくださ

います。廊下にその日の予定が出されるので、どんな本なのか分かります。

 27日は

 ・ ママがたまごをうんだ!

 ・ かさ

 ・ たべられたやまんば

Photo