2021年9月16日 (木)

稲刈り・はさ掛けに挑戦

今朝の新潟市は朝から雲一つない青空が広がりました。

その天候のもと、40回目となる学校教育田での稲刈りを行い、はさ掛け作業にも挑戦しました。

午前中は、高学年が手刈りで稲刈りに挑戦しました。全員上手に鎌を使って刈り取ることができました。その後、刈り取った稲を縄でしばってはさ木に掛けました。しばり方を練習した成果を発揮してしっかりとしばることができていました。

Photo

Photo_2

Photo_3


午後は手刈りで終えることができなかった稲を農家の方がコンバインで刈り取る様子を見学し、機械化の効果を感じていました。

その後、全校児童と保護者やボランティアの皆様と、はさ掛け作業を行いました。児童数の減少により規模を縮小したはさ掛けとなりましたが、立派な姿です。

Photo_4

学校前を通る方々にぜひご覧いただきたいと思います。

なお、午前中の活動の様子はNHK新潟放送局、TeNYテレビ新潟が取材し放映されました。放送局のホームページでもご覧いただけます。

子どもたちにとっては、思い出に残る1日となりました。

2021年9月15日 (水)

いよいよ明日は稲刈り

今週に入って、学校の周りの田んぼでは稲刈りが盛んに行われています。農家のみなさんは晴天のもと、一生懸命お仕事をされています。実りの秋を迎えました。

笠木小学校の学校教育田のコシヒカリも順調に育ち、黄金色に輝いています。

Photo

そこで、明日の午前中、高学年が手刈りによる稲刈りを行います。午後からは全校児童ではさ掛け作業を行います。明日は、晴天の予報が出ていますので、みんなで田の活動に取り組めそうです。

2021年9月13日 (月)

大根の種まき

今朝の新潟市は朝から青空が広がりました。

そこで、先週延期になった畑の活動「大根の種まき」を行いました。

朝早い時間帯から地域や保護者のボランティアの皆様にもご協力いただきました。

Photo

Photo_2


まず、中学年の子どもたちが慣れない手つきで鍬を使って畝を作りました。「腰や腕が痛い」などの声が聞こえてきました。

Photo_3

次に低学年の子どもたちが合流し、30cm間隔にペットボトルの底を畝に押し当てて種をまく場所を作りました。

そして、種を5粒ずつまき、そっと細かい土をかけました。

Photo_4


最後に全員で水やりをしました。

ボランティアの皆様がやり方を実演してくださったり、やさしく教えてくださったりしたので、スムーズに活動を行うことができました。ありがとうございました。

明日から、低・中学年の子どもたちが水やりをはじめとする大根を育てる活動を行います。その様子について、これからもブログで紹介していきます。

2021年9月 6日 (月)

はさ木立て

今日の午後、地域ボランティアの方々が、はさ木立てを行ってくれました。

規模を大幅に縮小して2年ぶりに作業にしていただきました。高学年が材料の竹を運び、ボランティアさんのお手伝いをしました。

Photo

Photo_2


ボランティアさんは手際よく竹を縛っていきます。短時間で写真のように完成することができました。

Photo_3

16日に稲刈りをした後、刈り取った稲を掛ける予定です。

ボランティアの皆様、ご協力ありがとうございました。

2021年9月 3日 (金)

JAの方をお迎えして

中学年が2時間目にJAの方を講師にお迎えして、総合的な学習の時間の授業を行いました。

中学年は、これから畑の活動で大根栽培に挑戦します。

そこで、大根の育て方を教えていただきました。

Photo

種をまく土の深さや水やりの大切さ、間引きの仕方などを丁寧に教えていただきました。

子どもたちはうなずきなら話を聞き、大事なことをメモしていました。

Photo_2

今日の学びをもとに、9月7日に種をまきます。

2021年8月 4日 (水)

大根畑づくり

当校では、秋に1~4年生が学校の畑で、大根を栽培します。

そのための準備を教職員で進めています。

7月30日に、畑に残っていた雑草を取りました。

今日は、たい肥を畑に混ぜる作業を行いました。朝の作業でしたが、大粒の汗を流しながら取り組みました。

Photo

その後、農業ボランティアさんがトラクターでかき混ぜてくれ、写真のようにきれいに整地してくれました。

Photo_2

Photo_3

9月になったら、さらに肥料を加えて、畝づくりを行って、児童が種をまきます。

2021年5月11日 (火)

田植え見学~5・6年総合~

当校は学校田で稲作体験活動を行っています。昨年度よりもち米栽培からうるち米のコシヒカリ栽培に変更しました。この学校田の活動は、今年で40年目を迎えます。

Photo

今年度は、コロナウイルス感染症対策のため、JAと協議して児童の田植え体験を中止しました。

そこで、ゴールデンウイーク中に農家の方が機械で田植えを行ってくれました。

今日は、高学年児童が、機械植えでも曲がって植えられた苗や浮いてしまった苗を手植えで調整している場面を見学させてもらいました。

Photo_2

児童は、機械だけでは完ぺきではなく、人力も必要なことを知って、農家の仕事の大変さを感じていました。

2020年12月10日 (木)

気持ちを届けました~さつまいも配り~

今日の午前中,1~4年生が西区役所で,冬の交通事故防止運動の呼び掛けと畑で収穫したさつまいも配りを行いました。

子どもたちは,寒さに負けることなく,安全運転とさつまいものおいしさをアピールすることができました。

Photo

Photo_2

多くの市民の皆様が足を止めて子どもたちの話を聞いてくださいました。ありがとうございます。

おかげで,予定していた時間内に準備した120袋を全て配ることができました。

また,NHK新潟放送局が取材に訪れていました。今日の夕方6時10分のニュースで活動の様子が放送される予定です。お時間の都合がつくようでしたら,ぜひご覧ください。

2020年12月 7日 (月)

12月10日に向けて~サツマイモの袋詰め~

12月10日(木)の午前10時から11時頃に,1~4年生が畑で育てたサツマイモを配ります。

場所は,西区役所駐車場前と健康センター前の2か所です。

これは,12月11日から始まる冬の交通事故防止運動に先駆けて,市民に安全運転と笠木のおいしいサツマイモをアピールするために行うものです。

そのために,今日,子どもたちは袋にサツマイモを詰めました。明日は,交通事故防止を呼び掛ける標語やメッセージカードも入れます。

Photo

当日西区役所に行かれる方やお時間の都合のつく方,どうぞサツマイモを受け取ってください。

子どもたちは大変楽しみにしております。

2020年11月 9日 (月)

おにぎり販売~高学年総合学習~

「学校田で育てたお米のおいしさを多くの人に知ってもらいたい」という願いを実現するために

おにぎり販売を企画した子どもたち。

西区内にある「いっぺこ~と」様のご協力や助言を得ながら,11月7日,8日の両日に販売をすることができました。

Photo

2日間ともに,限定100パックの販売でしたが,完売することができました。

ご購入いただいた皆様,ありがとうございました。笠木っ子米で作ったおにぎりはおいしかったですか?

Photo_2

子どもたちは,この学習を通して,多くのことを学び,自信をつけることができたようです。