« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

「笠木たるきぬた」引き継ぎ中間発表

11月27日(火)

 3年生以上が、昼休みに「笠木たるきぬた」の練習の成果を発表してくれました。                                                                             002_7               

001_16

 

 3年生12名は、「笠木たるきぬた」初デビューでした。2週間で難しい篠笛が吹けるようになっているのにびっくりしました。続いて樽、大太鼓パートの子どもたちが演奏すると、聴いている子どもたちから、「すごい!」という歓声があがりました。初めての発表と思われないほど、音がそろい迫力ある演奏でした。全員の発表が終わると、師匠役の6年生から、「演奏が速くなるから、もっとゆっくりやったほうがよい。」と、全体の前で頼もしいアドバイスがありました。本当に教える方も、教えられる方も成長したことが実感させられる発表会でした。

元気アップ週間始まる

11月26日(月)

 今週は元気アップ週間です。

 規則正しい生活を送ることが学力を伸ばすことと関わりがあるということが分かってきています。お子さんの生活時間を一緒に振り返り、考えてみる週間にしていただければ有り難いです。今日は、元気アップ週間の第1日目でした。お子さんが自分で立てた元気アップ週間のめあてが実行できるよう、ご家庭でも支援をお願い致します。前回は、ぐっすり寝て、すっきり目覚め、朝ごはんをしっかり食べることを目標にしましたが、今回は、さらにテレビやゲームをする時間を見直すことを付け加えました。ぜひ、ご家庭で、元気アップ週間の間の1日でもノーテレビデーにチャレンジしてみてください。

 Dsc01020_2

2012年11月22日 (木)

全校のみなさん、スイートポテトを召し上がれ(2年生)

Dsc0100311月21日(水)  2年生が、全校のみんなと職員のためにおいしいスイートポテトを作ってくれました。この写真は、地域コーデイネーター室へ持ってきてくれたときのものです。全校41名分に職員分を、2年生3名が力を合わせて作ってくれたと思うだけで、気持ちが一杯になります。その味も担任が苦労して準備しただけ有り、本格的なものでした。

 また、給食で1・2年生が畑で育てた、サツマイモ料理が何日か出てきました。サツマイモと大豆の揚げ煮は、甘くて、からっと揚げてあり大変おいしかったです。丁寧に形をそろえてサツマイモを調理してあるところに、調理員さん方のプロの腕前が伝わってきます。

 笠木小学校のよさの一つがこの、子どもたち手作りの野菜を使った料理をみんなでいただくことができることだと思います。

 

笠木保育園の皆さんを招待しました

11月22日(木)

 1年生が、笠木保育園のまつ組の園児の皆さんを招待して楽しい交流会を開きました。

 挨拶ゲームの後で、秋を楽しむ遊び(松ぼっくり剣玉や秋一杯のブローチ作り)を教えました。その後で、1年生手作りのホットケーキをプレゼントしました。手作りのかわいいお菓子入れの中に入れたものです。1年生は、何とか、まつ組の園児を喜 Dsc01017 ばそうと一生懸命工夫したり、声がけをしていました。一生懸命取り組む姿に感心しました。Dsc01010

笠木たるきぬたの引き継ぎ練習

Dsc01004 11月20日(火)

 笠木小学校の大切な伝統になっている笠木たるきぬたの引き継ぎ練習がスタートしました。子どもたちは、教える方も、教えられる方も真剣そのものです。20分休みばかりでなく、昼休みも使い、自分の担当のパートを覚えようと必死です。   最初は合わなかった音も少しずつ高学年の指導を受けてぎこちなく頼りなかった音もまとまってきました。4年生の中には、指に豆をこしらえてしまった子もいました。

 来週の火曜日には、引退する6年生や低学年に聞いてもらう「たつきぬた発表会」があります。それまで、校舎のあちらこちらから一生懸命な笛や樽の音が響き渡っています。

2012年11月19日 (月)

1年生 挨拶運動をがんばっています。

11月15日(木)

 今週は、1年生が挨拶運動を盛り上げてくれています。

 朝、1年生7名が全員で、たすきをかけ、プラカードを持って元気いっぱいの声で「おはようございます」といいながら、全校の教室を周っていきます。児童玄関前の廊下には、挨拶したらコスモスの絵にシールを貼っていく紙が貼り出されました。挨拶のコスモスの花もきれいに色づいてきました。1年生の元気な挨拶が校舎に響き合い、一日の学校のスタートがさわやかに始めることができるこの頃です。Dsc00990_2

読書の秋真っ盛り

11月13日(火)

 今週は、校内読書週間です。この期間に、子どもたちに本を読む楽しさや喜びをぜひ体感させたいです。

 今日は、1時間目に、低学年の教室に絵本を楽しむ会から2名の方がいらっしゃいました。「おはなしろうそく」のキャンドルが灯され、子どもたちはお話の世界に引き込まれていきました。お話を語ってくださった本は、「なにのあしあと」「どろんこハリー」「三枚の札」「三匹のこぶた」でした。読み聞かせ後、絵本を楽しむ会の方が、「子どもたちが真剣に聞いてくれて嬉しく感じた」とか、「あしあと当てで、1・2年生では難しいと思ったが、分かっているのにびっくりした」という感想をいただきました。

11月15日(木)

 アニマシオンを3年生以上の子どもたちが楽しみました。読み聞かせボランティアの方の楽しい語り口に、子どもたちは目を輝かせ、物語の内容をゲーム化した質問に次々と答えていました。アニマシオンをやるためには、事前に本の内容をしっかり把握し、登場人物の気持ちも想像しながら読み込んでいればいるほど、おもしろく参加できるようです。読み込みができていない友だちへも、他のメンバーがそっと援助する姿が見られ、温かな雰囲気の中で行われましたDsc00994

2012年11月 7日 (水)

楽しかった笠木っ子フェスティバル

Dsc_0056_6 11月3日(土)

 子どもたちが楽しみにしていた笠木っ子フェスティバルを、晴天の中行いました。学習発表は次の通りでした。

1年生の国語音読劇「サラダでげんき」~Dsc_0117_8

 

 

 国語の教科書に出てくる角野栄子さんのユーモア溢れるやさしいお話を、子どもたちは歯切れのよい口調で人物になりきって元気に音読していました。

2年生の生活科「ぶんぶんごま」~

 ぶんぶんごまをうまく回すために、紙やおもりをいろいろと試行錯誤を重ねた結果を、実物のコマを回しながら3人の子どもたちが力を合わせて発表しました。

3・4年の国語その以後の「ごんぎつね」~

 その後の「ごんぎつね(笠木小オリジナル)」は、大変おもしろい創作劇になりました。天国でゴンと兵十がなかよく過ごすという微笑ましい内容に、子どもたちは生き生きと演じきりました。

5・6年年生の総合的な学習「ゴミ劇場」~

 校区の各地域のゴミの状態を調査した内容を発表し、改善策をチラシに書き会場の保護者や地域の方に配りました。ある自治会長さんから、「子どもたちの発表を基に自分たちの地域の見直しをしなくては。」という声が聞かれました。

 その後行われた収穫を祝う集いは、地域の皆さんと一緒に餅をつき、自分達が育てた、大根の入った豚汁ときな粉にまぶし、みんなでおいしくつきたての餅をいただきました。子どもたちはもちろんのこと、保護者、地域の皆さんが一体となった笑顔溢れるフェスティバルでした。 

除雪出動式

11月1日(木)

 もうすぐ、雪の季節を迎えます。4年生が午前中、西区の新潟西除雪ステーションで新潟国道事務所の除雪出動式に参加してきました。 子どもたちは、「安全運転でがんばってください。」とか、「朝早い仕事なので、体に気をつけてがんばって下い。」等の激励の言葉を作業員の皆さんにかけていました。その後、大きな除雪車に乗せてもCimg0267_25らいCimg0315_6ました。