« りっぱな大根がとれました | メイン | なわとび業間運動開始 »

2012年1月13日 (金)

さいの神

023_9 1月7日(土)

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 7日(土)にさいの神行事がありました。早朝から、PTAの役員や地域の方が、竹を切ってきてくださり、さいの神の準備がスタートしました。10時からは、笠木老人クラブのみなさんや後援会長さんが、4年生以上の子どもたちに、とば編みを教えてくださいました。6年生は、慣れたものでわらを上手に編んでいました。地域の方にこのような昔から引き継がれてきた技を教えてもらえることは、子どもたちにとって幸せなことだと感じました。みんなで力を合わせて編んだ3本のとばを、できあがったさいの神に巻き付けました。いよいよ行事が始まりました。辰年生まれの6年生が点火しました。いきおいよく炎をあげ、竹が燃えるぱんぱんという音が辺りにこだましました。丁度晴れ上がった青空に煙が吸い込まれていきました。さい先よく、新年がスタートしたように感じました。来年度笠木小学校に入学してくる新一年生に、するめのプレゼントがありました。炎が小さくな014_3ると、みんなでするめを焼きました。保護者の皆さんばかりでなく、地域の皆さんも大勢参加し、和やかなうちに終了しました。これからも大切に伝えていきたいすばらしい伝統行事に思いました。 協力してくださいました、地域の皆さん、保護者の皆さんありがとうございました。