« 2011年12月 | メイン | 2012年5月 »

2012年1月

2012年1月16日 (月)

夢をもとう

003_2 1月13日(金)

 平成24年最初の全校集会がありました。

 校長先生から、なでしこジャパンの澤穂希選手が、1月7日に国際サッカー連盟で女子の年間最優秀選手に選ばれたことをもとに、夢に向かってたゆまぬ努力をすることの大切さを語ってくださいました。子どもたちが、このニュースをよく知っていることにびっくりしました。校長先生の澤選手についての質問に、たくさんの手が挙がりました。澤選手が子どもたちのヒーローであることを実感しました。今年は辰年、「夢をもって挑戦」し、大きく、強く成長する竜を目指して欲しいということばで講話が終わりました。

2012年1月13日 (金)

なわとび業間運動開始

H231020_002_2 1月12日(木)

 今日から、20分休みに短縄跳びの業間運動が始まりました。体育館には、縄跳びボードの設置が完了し、子どもたちが自主的に縄跳び練習をする環境が整いました。体育館は寒気の襲来のため、冷え冷えとしていましたが、子どもたちは頬を紅潮させ、音楽に合わせて、練習に取り組んでいました。

さいの神

023_9 1月7日(土)

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 7日(土)にさいの神行事がありました。早朝から、PTAの役員や地域の方が、竹を切ってきてくださり、さいの神の準備がスタートしました。10時からは、笠木老人クラブのみなさんや後援会長さんが、4年生以上の子どもたちに、とば編みを教えてくださいました。6年生は、慣れたものでわらを上手に編んでいました。地域の方にこのような昔から引き継がれてきた技を教えてもらえることは、子どもたちにとって幸せなことだと感じました。みんなで力を合わせて編んだ3本のとばを、できあがったさいの神に巻き付けました。いよいよ行事が始まりました。辰年生まれの6年生が点火しました。いきおいよく炎をあげ、竹が燃えるぱんぱんという音が辺りにこだましました。丁度晴れ上がった青空に煙が吸い込まれていきました。さい先よく、新年がスタートしたように感じました。来年度笠木小学校に入学してくる新一年生に、するめのプレゼントがありました。炎が小さくな014_3ると、みんなでするめを焼きました。保護者の皆さんばかりでなく、地域の皆さんも大勢参加し、和やかなうちに終了しました。これからも大切に伝えていきたいすばらしい伝統行事に思いました。 協力してくださいました、地域の皆さん、保護者の皆さんありがとうございました。