« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

チューリップの球根植え

2008_11270119

この日は久しぶりの良い天気だったので、今まで悪天候のため植えることができなかったチューリップの球根を植えました。

春になるときれいな花を咲かせ、新入生を喜ばせることでしょう。

そんなことを想像しながら、一つ一つの球根をやさしく植える笠木っ子でした。

2008年11月29日 (土)

ALT来校

  • 2008_11260228

総合の時間に英会話の活動をしているところです。

この日は簡単な野菜や果物の単語と、簡単な英会話文「what do you want~?」をゲームを使って覚える活動でした。

一つめのゲームは、「お店屋さん」で、子どもたちはお客さんになって、野菜を選ぶというものです。

二つめのゲームは、「フルーツバスケット」で、果物の名前を使ってフルーツバスケットを行いました。

来年度から学習指導要領移行期間ということで、本校でも来年度から5・6年生が外国語を履修する予定です。しかし、以前からALT職員とともに英会話を楽しんでいる笠木っ子であれば、円滑に外国語の学習に移行できると感じています。

2008年11月28日 (金)

笠木っ子祭りの飾り付け

2008_11260223

笠木っ子祭りが近づいてきています。

上の写真は、笠木っ子祭りに飾るスローガン作りをしている様子です。

今年の笠木っ子祭りのスローガンは、「みんなニコニコ100パーセント」です。

スローガンの通りに、一生懸命活動をしています。

2008年11月27日 (木)

読書ゆうびん

2008_11260225 

今週から読書旬間が始まっています。

その活動の一つに読書郵便があります。

お友達に自分のお気に入りの本を紹介するというものです。

誰からどんな本の郵便が届くのか、考えただけでもわくわくしますね。

2008年11月26日 (水)

第三回笠木っ子集会

2008_11250080 2008_11250092

2008_11250106

11/25 笠木っ子集会がありました。

縦割り班で、電車ジャンケン、綱引き、ブレーンストーミングの3つのゲームを行いました。

3つめのゲームは「段ボールのリサイクルの方法」について可能な限り紙に書くというゲームでした。その回答が、なかなかの名・珍回答でした。

お家でちょっと話題にしていただけると、なかなか盛り上がるのではないでしょうか。

どの学年も協力して活動に取り組んでいました。

2008年11月25日 (火)

市音楽祭

先日、5・6年生が市の音楽祭に参加してきました。

演目はもちろん「かさぎたるきぬた」です。

6年生はこれが、最後の公式演奏となります。

6年生、今までお疲れ様でした。これからは、伝統を引き継ぐ仕事がメインとなります。

しっかりと先代から受け継いだバトンを後輩に渡してほしいと思います。

2008年11月24日 (月)

松組さん来校

2008_11200063

先日笠木保育園から松組さんがやってきました。

1・2年生はお兄さん・お姉さん役として、張り切って活動していました。

とくに、2年生は松組さんが来る前からなにやら家庭科室で下準備をしていました。

何かと思ってみてみると、松組さんに食べてもらうためのおいもを用意していたのでした。

松組さんたちもきっと喜んだことでしょう。

2008年11月23日 (日)

冬将軍到来

2008_11200062

ここ数日寒い日が続いています。

雷が光ったかと思うと、窓をたたくあられの音。先週までの穏やかな日が嘘のようです。

あれだけ見事だったグラウンドの公孫樹の黄葉も、この風でみな落ちてしまいました。

廊下を歩くと、足先や手先から冬の到来を感じます。

皆さん、冬支度は万全ですか?

2008年11月22日 (土)

笠木っ子祭りのダンス

2008_11210070 2008_11210075

コンピュータ室に張られたブルーシート。これ、何のためか分かりますか?

じつはこれ、来月に行われる笠木っ子祭りの全校ダンスのプロモーションビデオ用のセットです。

このブルーシートをバックに、ダンス担当の笠木っ子に踊ってもらいました。

さて、できあがりは・・・?笠木っ子祭りまでのお楽しみということで。

2008年11月21日 (金)

たるきぬた引継開始

2008_11210071

たるきぬたの活動もついに4年生が入ることになりました。

6年生が師匠として、後輩に教える第一回目の活動が先日行われました。

4年生は、緊張しながらも一生懸命先輩から教わる様子が初々しく感じました。

4・5年生には、笠木の伝統をしっかりと引き継いでもらいたいものです。