« さすが、5年生! | メイン | 自分に負けない »

2006年10月30日 (月)

実社会の人・ものから学ぶ

10/30(月)。社会科の学習『店を調べる』で、家の人がよく利用するスーパーマーケット-「中原ストア」と「原信新通店」を見学・調査してきました。事前に調べたことを確認するためのものです。(一般から具体化へ) 店の仕組みや働く人の工夫、自分の疑問点を、自分の目と耳と鼻と五感、インタビューで調べました。実際から多くのことを学び、新たな発見や疑問も出てきました。また追究は始まります。
 さらに、そこで働く人と出会い、かかわりをもちました。「働く人と出会い、その仕事を知る」ことは、キャリア教育(進路指導-職業を知り、自分の生き方を考える)の指導も含んでいます。よき社会人となるために。今日接した人たちは、「つらいこともあるけど、仕事は楽しい。」と語っていました。働くことの大切さとすばらしさ…Imgp0013
Imgp0023

教室では学べない、いろいろなことを学べた時間でした。